• ホーム
  • レビトラ服用で血圧への影響

レビトラ服用で血圧への影響

笑顔の夫婦

レビトラを服用すると、血圧が低下します。
なぜなら、レビトラのようなED(勃起障害)治療薬には、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という勃起を阻害する作用があるからです。
性的な刺激や興奮を受けると、体内のNO(一酸化窒素)濃度が増加して、局部の細胞内でcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質が増えます。
cGMPには血管を拡張させる作用があります。つまり、血液の通りが良くなって陰茎にたくさん血液を送り込めるようになるという事です。すると、海綿体の血管が膨張して勃起します。
前述のPDE5は、この血管拡張作用のあるcGMPを壊す酵素です。cGMPが壊されると血管が収縮して、元の状態におさまるという事です。
レビトラはこのPDE5の働きを抑えて、勃起がおさまりにくくします。つまり、cGMPが壊されないように助ける働きがあります。
cGMPが放出されっぱなしという事は、血管が広がったままという事です。血管が広がれば血液の流れが通常よりも良くなるので、血圧は下がります。
このようなメカニズムにより、レビトラを飲むと血圧が下がるという事です。
そのため、狭心症の治療薬で硝酸剤を飲んでいる人は、レビトラと併用すると血圧が急降下してしまう危険性が高いので、併用禁忌になっています。
他にも、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬も、cGMP濃度を上げて症候性の低血圧を引き起こす危険があるので、併用禁忌になっています。
レビトラは血行を改善する働きがあるため、血圧に異常が出ている人は使えないケースが多いです。
最大血圧90mmHg以下の低血圧の人、最大血圧170mmHg以上or最小血圧100mmHg以上の高血圧の人も血圧に異常を来たす恐れがあるので、使う事が出来ません。