• ホーム
  • 妻に対してだけED?糖尿病性の症状もレビトラで改善

妻に対してだけED?糖尿病性の症状もレビトラで改善

妻に対してだけED(勃起障害)になってしまう男性もいます。
性的な魅力に欠けるなどの理由がなくても起こる事があります。
他の女性には正常に勃起するので、問題になっているのは心理的な要素が大きい事が考えられます。

それは、夫婦生活における「マンネリ化」です。
長い間付き合っていると、性生活も慣れが出てきます。
毎回同じなので、次第に義務的な感じになり、マンネリ化が起こります。

すると、妻に対してだけEDになってしまう事もあります。
これに対して、妻は自分にだけ反応しないのは「自分に魅力が欠けているからだ」と弱気になってしまったり、逆に「浮気相手がいるのではないか」などと勘ぐってしまう事もあります。
妻に対してだけEDというのは、夫婦の不仲や離婚の危険性までを孕む問題です。

これに対しては、少し趣向を変えてみたり、時間を置いてみる事がた対策になります。
なるべくマンネリ化しないようにする工夫をしてみましょう。

他にも、糖尿病が原因でEDになる事もあります。
糖尿病では、勃起を伝える神経に糖尿病性の障害が出たり、平滑筋の弛緩がうまくいかなくなるので、勃起が起こりにくくなる事があります。
また、糖尿病による動脈硬化によって、ペニスの血行障害が起こり、EDになりやすくなります。

糖尿病性EDに対して有効なのは、レビトラです。
レビトラは700kcal(脂質30%以内)の通常の食事であれば効果に影響を与えません。
また、3種類あるED治療薬の中で最も即効性が高いという特徴があります。
空腹時では飲んでから約20分程度で効果があらわれるので、相手がシャワーを浴びている間に飲むなどすれば、すぐに行為に移る事が出来ます。
この即効性は他の治療薬にはないレビトラだけの特徴です。